宝塚歌劇団プロジェクト

~花組~蘭乃はなさん インタビュー<後編>
楽しくみんなと話しながらいただく食事こそ“こころにおいしいごはん”です。

9月17日から東京宝塚劇場で上演中のミュージカル「麗しのサブリナ」とショー「EXCITER!!」では、タイトルロールのサブリナ役をキュートな魅力で熱演する一方、華やかでエネルギッシュなダンスでも魅了している蘭乃はなさんに、今後目指す娘役像や“こころにおいしいごはん”についてお話を伺いました。

宝塚が大好き。男役さんも自分も輝けるような伝統的な娘役に憧れます。

―忙しい日々。どんなふうにリフレッシュしていますか?
舞台やお稽古で身体を動かすことが多い毎日なので、リフレッシュは逆に脳を動かしてバランスをとったほうがいいかなと夜には小説を手にすることが多いです。 それから、やはり私は宝塚が大好きなので、お休みの日には過去の作品のいろんなDVDを見ています。復刻版のDVDなど随分たくさん集めているんですよ。ただ楽しみながら見ているのですが、娘役には欠かせない髪飾りやアクセサリーのヒントを得る機会にもなっています。
―ご覧になった作品で、どのような娘役さんに憧れますか?
本当に宝塚の受験を考え始めたきっかけが花總まりさんで、宙組公演『エリザベート』を観て以来憧れていました。自分自身としては、やはり宝塚の伝統的な良さをもつ娘役になりたいです。寄り添った時に男役さんが一層格好良く見え、コンビとしても素敵で、さらに一人でも輝けるような娘役を目指したいです。『シトラスの風』という作品のプロローグが好きで憧れるのですが、これぞ宝塚というようなロマンチックなレビューに出演するのが夢です。

兵庫県産のお米、おいしいです!

―ではインタビューの本題ですが、ごはんへのこだわりがあればお聞かせください。
炊きたての白いごはんだけあれば十分というくらいの「ごはん党」です。少ししっかりした食感のごはんが好きですね。最近兵庫県産のお米をいただいたのですが、とてもおいしく「地元にこんなおいしいお米があったなんて!」と感動しました。 ごはんと一緒に食べたいのは、母の作った豚肉の生姜焼きです。劇団の食堂でも、豚肉の生姜焼きがメニューにある時は必ずオーダーしています。
―蘭乃さんにとって“こころにおいしいごはん”とは?
夕食は必ず家族揃って食べていましたので、家族と一緒に食べるごはんが、まず思い浮かびます。お稽古や公演の後などに仲間と一緒にワイワイ話しながらする食事も、私にとっては“こころにおいしいごはん”です。 思い出に残る食事は、月組公演『エリザベート』の黒天使役10人で行った六甲山でのバーベキューです。火をおこすことから始めなければならず大騒動になったのと、おにぎりや果物、お菓子などを持参し過ぎて肝心のバーベキューが食べきれなくなったんです(笑)。一から自分たちで取り組んだ食事は大変でしたが、その分おいしかったですし、楽しい思い出になりました。 博多座公演の時には、公演の後に水炊きやモツ鍋、鉄板ギョウザなど博多の美味を制覇しました。これが白いごはんとよく合うんですよね(笑)。楽しく話しながら食事をするのは最高に“こころにおいしいごはん”ですね。
―ゴーゴーご組の会員にメッセージをお願いします。
大好きなごはんを食べて毎日頑張っています。ごはんパワーで元気に舞台を務めておりますので、観にいらしていただけたら嬉しいです。舞台から皆様に必ず元気パワーをお届けします。お待ちしております!
 

蘭乃はな Hana Ranno

東京都出身。2006年『NEVER SAY GOODBYE』で初舞台。同年月組に配属。
2008年『ME AND MY GIRL』新人公演では、財産目当てに主人公を誘惑する令嬢役を奔放に演じコケティッシュな魅力を振りまいた。同年『夢の浮橋』で新人公演初ヒロイン。2009年『エリザベート』では妖艶な天使役を演じ、しなやかなダンスで客席を魅了。2010年2月のバウホール公演『HAMLET!!』で初ヒロインを務め、恋人の心変わりに悩むオフィーリアを熱演した。同月花組に組替え。4月東京宝塚劇場公演『虞美人』を経て、7月『麗しのサブリナ』でトップスター真飛聖の相手役に。清楚かつ華やかな魅力で客席を魅了する期待のトップ娘役である。

宝塚スターへのメッセージ

応援メッセージはコチラから
  • おいしいごはんを食べよう県民運動からのお知らせコーナー
  • 宝塚歌劇団プロジェクト
  • 保田先生のごはん塾
  • 今までの活動
  • おいしいごはんを食べよう県民運動
  • リンク集
     ※当ウェブサイトは「リンクフリー」です。